広島会社設立サポートセンター トップページ > 会社・法人の種類、特徴
会社・法人の種類、特徴
   


会社・法人の種類、特徴について、ご説明します。


--株式会社、合同会社、合名会社、合資会社--
--一般社団法人、一般財団法人、NPO法人--

   
会社の種類および特徴
   
 
 
株式会社
合同会社
合名会社
合資会社
最低資本金額
1円~
役員の数 取締役1名以上 有限責任社員1名以上 無限責任社員1名以上 無限責任社員と有限責任社員 各1名以上
取締役の任期
※合同、合名、合資会社は「社員」

基本2年
(定款で特別に定めることで最長10年)

無期限
出資者の数 1名~ 1名~ 1名~ 2名~
最高決定機関 株主総会
全社員の同意
会社の代表者 代表取締役 代表社員 社員
(代表社員を定めてもよい)
社員
(代表社員を定めてもよい)
登録免許税 15万円
6万円
公証人役場での定款認証 必要。
費用は約92,000円。
(紙定款の場合)
不要
(定款貼り付け印紙40,000円は必要)
知名度
(主観的)
中の下 中の下
補足:有限会社について 有限会社は平成18年の会社法施行により「新規設立ができない」ことになりました。
既存の有限会社は存続可能です。
   

NPO法人、一般社団法人、一般財団法人とは?

   
 

NPO法人とは??

正式名称を「特定非営利活動法人」といいます。特定非営利活動に関する法律によって、都道府県知事や政令指定市の市長による認証を経て、設立される法人です。

現在、日本国内に、約4万のNPO法人が存在しています。
この制度ができあがってしばらく経ちますので、日本国内での知名度は高いといえます。

本来、政府が決めた特定の非営利事業について、法人格を与えようとするものでしたので、この法人の特徴としては、「ボランティア色が強い」といえます。

ただ、実際に設立された中には、社会貢献型ビジネスを、文字通り、ビジネスとして進めるために、法人内外において組織化を図り、発展している法人もあります。

積極的に社会貢献を行う法人がある一方、不正な方法で事業を行う法人もあり、評価は大きく分かれる法人です。
一般社団法人とは?
一般社団法人とは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」によって設立された社団法人のことを指します。

2008年12月から設立が可能となった法人の種類です。

公益性は問われません。公序良俗に違反する等の事業目的以外ならば、事業を行うことが可能です。

この法人は、NPO法人と違い、都道府県知事や政令指定市の市長による認証が不要です。(公証人役場での定款認証は必要です)
法務局に対して設立の登記を行うことによって成立します。

創設されて数年の法人種類であるため、知名度が高くはありません。
当事務所のお客様の中でも「こんな法人があったのですね」ということで、一般社団法人を選択なさる方がいらっしゃいます。

一般「財団」法人に比べると、設立数が多いです。
一般財団法人とは?

一般財団法人とは、一般「社団」法人と同じく、2008年12月から設立が可能となった法人です。

こちらも、公益性は問われません。公序良俗に違反する等の事業目的以外ならば、事業を行うことが可能です。
また、都道府県知事や政令指定市の市長による認証が不要です。(公証人役場での定款認証は必要です)
法務局に対して設立の登記を行うことによって成立します。

一般「社団」法人よりも知名度としては低いと思ったほうが良いでしょう。

ですが、逆に知名度の低さが、一般財団法人☆☆☆という法人名を掲げることで、重厚さ、そして、従来の財団法人のイメージを受け継ぐことができるという見解もあります。

   

NPO法人、一般社団法人、一般財団法人の違い 一覧表

   
 

NPO法人、一般社団法人、一般財団法人の違いについての一覧表です。
ぜひご参照下さい。

 
NPO法人
一般社団法人
一般財団法人
出資金 0円~ 0円~ 300万円~
発起人(社員) 10名~ 2名~ 1名(出資者)
役員 理事3名~
監事1名~
理事1名~ 理事3名~
監事1名~
評議員 不要 不要 評議員会
任期 理事2年
監事4年
理事2年
監事4年
理事2年
監事4年
評議員4年~6年
代表 理事長
(登記上は理事)
代表理事 代表理事
登録免許税 0円 60,000円 60,000円
定款認証 不要 52,100円 52,100円
定款への印紙貼り付け 不要 不要 不要
設立までの期間 5~6ヶ月 3~4週間 4週間~6週間
   
NPO法人と一般「社団法人」のメリット・デメリットについてご説明します
   
 

 公益色を出したい方

 本部が公益認定を受けようとしている場合の「支部」の皆さま

 社会貢献型ビジネスを行いたい方


これらの皆さまの多くは、NPO法人と一般「社団」法人との間で、どちらにするかお考えになるケースが多いです。
そこで、この二つについて、そのメリット・デメリットを掲載いたしますので、ぜひ、ご参照ください。

あくまでも、当事務所が実際にサポートしている中での実感をもとにしています。

 
メリット
デメリット
NPO法人  公益色が強い

 ボランティア等、人を集める際に有利

 法務局への登録免許税が不要

NPO法人も登記が必要となりますが、設立時や諸変更のときに登録免許税がかかりません(平成23年4月時点)。

 収益事業のみ課税となります。

※収益事業とは、国税庁の定める種類。

 一定の要件をクリアすれば、認定NPO法人となることができる。

※認定NPO法人とは都道府県や政令指定市の認定を受け、寄付金控除などの優遇を受ける法人を指します。
 都道府県や政令指定市の監督を受ける。

 役員や定款の変更について、「都道府県や政令指定市」や「法務局」への手続(届出や登記)が必要。

※一般社団法人も、「法務局」へ必要な場合があります。

 定款の変更に時間がかかる。

 あくまで、政府の決めた特定の非営利活動を「主に」行わなければなりません。

 会員の入会制限が非常に難しい。

 設立まで時間が必要。

 利益の分配ができない。
一般社団法人

 公益色が強い。

通常法人(株式会社や合同会社)に比べれば、圧倒的に公益色の「イメージ」が強いです。

 事業目的、運営が自由である。

 設立が早い。

公証人役場での定款認証と、法務局への手続のみで設立完了です。

 会員の入会制限が一部可能です。

 議決権の制限が可能です。

 一定の要件をクリアできれば、公益認定を受けることができる。

※公益認定とは、厳しいですが基準をクリアしたのちに、かなりの税制優遇措置を受けることのできる法人を指します。

 登録免許税が必要。

設立時、諸変更時には、法務局に支払う登録免許税が発生します。

 利益分配ができません。

 NPO法人に比べると、知名度が低い。

ただ、逆にいえば、知名度の低さが、一般社団法人☆☆☆という法人名を掲げることで、重厚さ、そして、従来の社団法人のイメージを受け継ぐことができるという見解もあります。

 原則として、普通法人と同じ課税となります。

※普通法人とは、株式会社や合同会社、合資会社、合名会社を指します。

ご相談、ご依頼の方法
 


ご依頼は話を聞いてからでも、今すぐ依頼して準備に入ること可能です!



 まず問い合わせをしてみたい方はこちら

初回相談無料。お問い合わせ、相談予約
営業時間はこちら

電話ではなくフォームからの相談予約、問い合わせはこちら

 話を聞いてから、事務所を見てから依頼したい方はこちら

無料相談制度



 いますぐ依頼して準備に入りたい方はこちら

会社、法人設立依頼フォーム

特定商取引に関する法律に基づく表記はこちら

スタッフ一覧

地図、アクセス動画はこちら

アクセス動画( BGMがあります)
相談、打ち合わせスペースのご案内( BGMがあります)
ビル入口から事務所まで( BGMがあります)
あすみあグループ CM

 ワンポイント

広島市内や安芸郡府中町、海田町、廿日市市などの近郊はもちろん、多数のサポートを日々、させていただいています。

広島県呉市、東広島市、三原市、大竹市、福山市、竹原市、安芸高田市、庄原市、三次市、府中市、福山市といった、少し距離のある皆さまからも、ご依頼いただいています。

距離があっても、インターネットや郵送などを活用して、ご満足いただけるサポートに努めております。

   
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
吉日(法務局受付日)
最近の吉日
2018年(平成30年)
7月
一粒万倍日
13日(金), 25日(水)
大 安
2日(月), 24日(火), 30日(月)
先 勝
10日(火), 20日(金)
8月
一粒万倍日
6日(月), 7日(火), 24日(金),
31日(金)
大 安
15日(水), 27日(月)
先 勝
1日(水), 7日(火), 17日(金),
23日(木)
9月
一粒万倍日
5日(水),13日(木),20日(木),
25日(火)
天赦日
13日(木)
大 安
13日(木), 25日(火)
先 勝
4日(火), 21日(金)

一粒万倍日とは?  天赦日とは?  先勝とは?

設立することを決めている方は
お早めにお知らせください。
準備期間があると立上げ後の安定感が違いますよ。
 
お問い合わせ・ご依頼
 
初回無料相談
 
依頼人さまの声・実績
 
 
プロフィール、ブログ
 
崎田 和伸ブログ
 
料金一覧
 
 
カンタン自動見積 そのままご依頼、クレジット決済可能
 
サービスのご説明(代表 崎田)
 
 
主要なサービスメニュー
 
 
資金調達(融資申請)サポート
 
 
お客様サポート制度
 
 
Asumiaならではの起業応援
 
 
会社案内
 
 

ページトップへ