メディア掲載

経営理念について

経営理念についてご紹介いたします。

経営理念について

経営理念

当社は、
事業活動を通して関わる全員の “嬉しい”を紡ぐ存在でありたいと願っています。

糸を「紡ぐ」ようにして“嬉しい”を「紡ぐ」。
糸は、いくつもの繊維から成り立っています。
“嬉しい”は、顧客、取引先の皆さま、そして当社で働く役職員の、良好な関係から紡がれます。

当社が目指すのは、互いの関係から、なんとなくいつも感じる“嬉しい”の気持ちです。
それは、表面的なものではなく、奥深い感情です。

当社の目指す“嬉しい”には、10年後もその先も生き残るための安定と発展がその前提としてあります。

事業の安定と発展は、“嬉しい”が生まれるスタートラインです。
また同時に、“嬉しい”を紡いでいくことは、事業の安定と発展を生みだす原動力にもなると考えます。

現代の日本は、ボーダーレス社会へ突入しています。境界や垣根の低い、競争の激しい社会です。また、終身雇用や年功序列といった既存の社会システムが変化し、あらゆる面において二極化も進んでいます。

これは事業活動においても全く同じ。
これからの起業、事業運営においては今までと違う「何か」が必要とされています。

このような難しい時代にあって起業し、または事業活動しようとする顧客に対し、私たちが提供しなければならないのは、
・その顧客の10年後を見据え、顧客の問題を自身の問題として捉え選択を助けること
また
・顧客が採用した選択肢の実現に少しでも寄与すること
だと考えています。

当社の武器である、既存の価値観にとらわれない自由な発想と柔軟な思考を十分に活かし、本当の意味で顧客のためになるサービス提供を行う努力をいたします。

私たちは事業活動を通じて関わる全員の“嬉しい”を紡ぐことを常に意識し、活動してまいります。

目指す企業像

顧客そして当社自身にとっての「確実な経営」と「価値創出」に重点を置き、
明日を見据えた経営を総合的にサポートする企業でありたいと思います。

起業・事業活動においては、様々な分野で様々な課題・問題が発生します。

当社は、それらの課題・問題解決のために必要な専門知識の会得に努めるとともに、
当社の専門分野だけではなく、
・最適なプロフェッショナルのご紹介
・豊富な情報と専門家開拓活動に根ざした事業者のご紹介
・互恵関係を目指した顧客同士のつながり創出
などにより、対応可能な分野を広く持ち、起業、事業活動の総合窓口でありたいと思います。

行動指針

理念・目指す企業像を実現するために私たちが定める行動指針は以下のとおりです。

誠実・確実・丁寧

当社役職員は、「誠実・確実・丁寧」を常に心がけて業務いたします。この心がけによって、顧客からの信頼に値する企業でありたいと思っています。

顧客満足

私達は、顧客満足を重視します。顧客の声に誠意、耳を傾け、サービス改良の努力を続けます。ですが、これは顧客第一主義ではありません。顧客のご意向と、当社の理念や当社役職員の考えが相違する場合、当社の考えをしっかり述べさせていただきます。

自責

物事の原因を他者に求める人に成長はあり得ません。人だけでなく、組織も同じ。
私たちは、他責ではなく、いつも自責のマインドで業務に臨みます。

コンプライアンス

コンプライアンス(法令順守)の軽視は、「確実な経営」の阻害要因になると考えています。
例えば脱税。その時はコストを抑えることに成功したように見えても、ルールに反して獲得した利益は、将来必ず事業運営に影を落とします。
後ろめたさや危うさを内包した経営から、“嬉しい”が生まれることはありません。
少しずつ一歩ずつであったとしても、一定のルールに則って事業を行うことができるよう、そのための基盤作りから、支援させてください。

イノベーション

「慣例にない」「前例にない」ことを理由に、諦めることはいたしません。
思考停止に陥ることのないよう、慣例であっても、それについて考えつづけ、イノベーションを起こします。

私たち自身が、常に新しいことにも柔軟にチャレンジする姿勢を持つことで初めて、これから新しいことにチャレンジする顧客をサポートすることが可能になると考えています。
当社は、火山灰が降り積もった大地のような柔らかい土壌を持って、斬新な考え方を受け入れ、そして、生み出す努力をいたします。

ページトップへ