10のお約束

10のお約束について

弊社では、10のお約束を決めています。
そして、実行できるよう、日々努めております。
以下、10のお約束についてご説明いたします。

10のお約束について

1.費用や期間は、明確に提示します

従来の士業の事務所では、「料金」について、見積りなしで何となく依頼が始まり、終わった後に請求が来る形が多かったと思います。

その請求では、思ってもみない金額が入っていたり高額だったり、トラブルも少なくありません。そもそもですが、信頼して任せたところから想定外の請求書が届くと嫌ですよね。

また「期間」についても同じように明確ではありませんでした。
弊社では、料金、期間その他について、前もって想定できるものはできるかぎり想定し、見積りを作成、提示しています。

文字と数字で、明確に提示します。料金が追加となるケースも明確にお示しします。
ですので、弊社の見積りは詳細で、かつ長いです・・・(^_^;)

お読みになるために、ご依頼前にお手間をおかけするかもしれませんが、何卒ご理解ください。

2.初心を忘れることなく、誠心誠意、対応させていただきます

弊社は、個人事業で平成12年に創立し、平成23年に法人化をしています。
代表者の崎田が別の業界から、行政書士をはじめとする士業という業界に入って、思ったこと。
それは・・・
「年数を重ねるごとに、初心を忘れる事務所が多いこと」。

依頼する側の皆さんから「先生」と呼ばれることが多い業界だからかもしれません。
弊社は、初心を忘れず、いつまでも真摯(しんし)に丁寧に対応し、依頼いただいたお仕事は、しっかりと遂行する姿勢を持ち続けてゆきます。

3.案件の大小や、いただく報酬の額で、依頼人さまを見ることはしません

士業という業界は、依頼金額の大きな案件には細心の注意を払い、金額の小さな案件は大ざっぱになる傾向があります。

弊社では、ご依頼案件やいただく報酬の大きい小さいという視点で、依頼人さまを見ることはいたしません。

すべての案件に対して、誠意、対応させて頂きます。

4.小さなことであっても、お約束したことは守ります

所長はじめ、職員一同は、依頼人さまとお約束したことは、小さい、大きいに関わらず遵守します。
お約束に小さい大きいはありません。
万が一、職員がお約束を守らないことがあれば、所長宛、お知らせください。以後、決して無いよう、対策を講じます。

5.常識にとらわれず、柔らかい頭を持ち続けます

弊社では、20代をはじめとする若い世代からのご依頼も多いです。時代の最先端を行く業界のお手伝いもさせていただいています。
常識は備えておくべきものです。しかし、「AはAというものである」と決めつけてしまうと、頭がどんどん硬直化します。
職員全員が、柔らかい頭を持ち続けてまいります。

6.依頼人さまにとって有益な企画開発を行って参ります

弊社は、通常の士業事務所に比べ、企画開発を重要な位置づけとしています。
代表者自身は、1週間のうち一定の時間を、「依頼人さまのために何かできることはないか」という企画開発のために確保しています。

企画立案された内容は、社内全体会議に上程し、皆でブラッシュアップして、実施しています。
「こういうものがあったらいいのに」「これはできませんか?」といったご要望、ぜひ、お聞かせ下さい。前向きに検討いたします。

また、依頼人さまの中で、弊社との連携をご希望の方はお知らせください。実現の是非も含め、全力で検討いたします。
参考)ブログ記事:http://ameblo.jp/ksakida/entry-12094652335.html 

7.役職員全員で、ビジネスパーソンとしての資質・能力向上に努めます

役職員全員で、ビジネスパーソンとしての資質・能力向上に努めます。
ビジネスパーソン(=職業人)として、常に考え、学び、資質・能力を向上させてゆくことは必須です。

これが無ければ、社としても未来は無く、サポートする依頼人さまの未来をサポートすることもできません。
弊社では、役職員全員が、常に明日を見据えて、学びます。
ビジネスパーソンとして、だけでなく、人としても成長するよう、全力で取り組んでまいります。

8.仕事の厳しさを認識しながら、楽しさ、やりがいを追い求めます

お仕事は厳しいもの。
どのお仕事でもそうですが、中でも専門職と言われる職種は、厳しい基準を求められます。
お仕事は、厳しいことは分かっています。でも、その中に、楽しさ、やりがいを見つけて、日々続けなければ、将来はありません。
厳しさだけでは、長続きがしない職業が、専門職です。
職員全員が、楽しさ、やりがいを追い求めながら、お仕事をさせていただきます。

9.できないことは、はっきりとお断りします

これは語弊がある言葉です。
意味は2つあります。
「不可能なことはお断りする」「法令に違反することはお断りする」という2つの意味です。

○不可能なことはお断りする、について
不可能なことについて要請を受け、中途半端に了承することは、大変危険な行為であり、依頼人さま、弊社ともに、リスクが限りなく高いです。これを考えず、なんとなく了承し、進んでしまった結果、大変な損害が生じる場合もあります。 不可能な事柄については、できるだけ早い時点で、はっきりと「できません」と申し上げることにしています。

○法令に違反することはお断りする、について
専門職は、まれに法令に違反することを強要される場面があります。

昔、建築士の耐震強度の偽装問題がありましたね。あれが分かりやすい例です。
結果、大変な問題になりました。定められている法令に従わないこと、これは、大変なリスクがあることです。
「法令に違反しているが、目をつむって、違反した状態のままで申請してほしい」というお申し出は、はっきりとお断りしています。

10.依頼人さまのためになると考えれば、依頼人さまであっても叱ります

これも語弊のある言葉です。
理不尽に叱るという意味ではありません。依頼人さまのためになると考えれば、依頼人さまであっても叱ります。

例えば、申請期限が迫っているとします。
専門職である弊社は、期限を過ぎて大変な想いをされた方、リスクをよく知っていて、身をもって理解しているが、依頼人さまにはご理解いただけない場合があります。
ご用意いただくはずの書類が整わないといった場合、たとえ、依頼人さまであっても、「きちんとして下さい!」と申し上げることにしています。

 

ページトップへ